私が35歳の時、あるお酒の席で、某マスコミ関連の方とご一緒しました。

その際に言われた衝撃の一言を今日はつぶやきます。

 

ご一緒した男性の方も、45歳の独身の方でした。

海外でしばらく仕事をされていた方で、物事をハッキリ言う方。

 

久々日本に戻ってきて「いや~浦島太郎状態だよ~」

なんてことを話しながら、楽しく会話をしていたのですが、

ちょうど私が独身で、婚活中ということを知ると、彼がニコニコしながらこう言いました。

 

「じゃ、ちょうど僕と婚活市場では同じ価値だね!

女性の35と男性の45は同じだよ!」

 

な、なんですと!!!!!

35の女性と45の男性が同じですって!? ◎$♪×△¥●&?#$!

 

 

その方は全く悪気はなく(僕たち同士だよね、的な…)、

ただ状況をハッキリと伝えた様子でしたが、

私は大ショック!!!

 

冷静に考えると、確かにそうかもしれませんが、

なんの覚悟もないときに、パンチが飛んできたので、かなりのダメージでした。

 

いまでも忘れない、ショックな言葉ですが、よくよく冷静に考えるとそうなのかもしれません…。

冷静になってみると

ただ、その彼の言葉があったからこそ、その後

自分を客観的に見て

お相手の方にアレコレ注文をつけすぎるのはやめよう、と覚悟&反省をしたのでした。

 

私がどうしてもこだわったのは

・心身ともに健康

・ちゃんと働いている(当たり前ですが)

・話があう

これくらいでした。

 

この「話があう」、ってのがなかなか難しいところでもあるのですが、

他の人がよくこだわる、年収や学歴、結婚歴などは気にしませんでした。

(もう人のこと、いろいろ注文できる立場ではないことに気づいたのでww)

 

あと、働いているアラフォーの強みは、相手の収入とか別に気にしなくても
自分で稼げること!

(正直、相手が無職でも生活は出来ますが、そんな勤労意欲のない方はイヤなので…笑)

 

市場価値の高くない、アラフォーの自分でも大事におもってくれる方なら

紹介であろうと、なんであろうと

ありがたく、お会いしたいと心を入れなおしたのでした。

 

そう考えると、キツイパンチを見舞ってくれたあの方(お名前も忘れましたが…)

ありがとうございました!笑

そして、その言葉をくれたあの方は結婚されたかは謎です。笑

 

 

 

おすすめの記事