10代、20代、あの頃は10年後の未来を考えてもワクワクすることしかなかったけど、
アラフォーの今、「10年後、20年後って私 どうなっているんだろう」と
不安になったりしませんか?

私は時々そのような不安な夜があり、眠れないこともありました。

  • このままずっと働き続けることってできるかな?
  • 親が介護が必要になったらどうしよう
  • 住まいはずっとこのままでいいの?
  • 自分が孤独死することが怖い

なんて、考えてもどうしようもないことが堂々巡り。

 

いや、別に私、、
「結婚するつもりはありません」や
「子供はいらないんです」的な考えがあったわけでなく、

必死で働いてきて、いくつか恋愛もしたけど、
気づいたらこの歳だったんですよ(←アホ)、
といっても周りにはあまり通用しないし・・・
(もちろん100%自己責任ではあるけれど)

 

私は、ちょっと気にしすぎたのかもしれませんが、
映画「パッセンジャー」という映画を見た後、
一人になるのがとても怖くなり、いろいろと悩んでしまったことがあります。
(しかも、事もあろうか内容はSF映画、笑)

▼これです、これ。

パッセンジャー

仕事でガーっと突き進んできたけれど、いざひとりぼっちになるって怖いなと。

 

女性はホルモンの影響もあり、
月に何度かそういう波がくるときってありますよね。
そういう時は、じっくりと読書はいかがでしょうか。

元気になれる本

何かに集中すると、小さな不安や悩みは消えてしまうときがあります。
思い悩む夜、読書はいかがでしょうか。

 

■ずっと独身でいるつもり?

タイトルどおりの内容で、
「別に独身でいることは犯罪でもなく、悪いことをしているわけでもない!」と
とても元気がでる本です。生き辛いな・・・と思うときに何度も読んでみて欲しい!


 

 

■あなたは誰かの大切な人
疲れたときに読みたい短編集。優しい気持ちになれる1冊です。


 


■結婚しなくていいですか。すーちゃんの明日
小説ではなく漫画ですが、「あるある!」の連続で共感しまくりです。
ゆるっと読めるので、心が疲れているときなどに、ゴロゴロしながら読んでください。
こちらはすーちゃんシリーズとして他にも5冊出ていて、映画化もされました


 


■うつ消しごはん
こちらは小説でも漫画でもなく料理本なのですが、
心身の不調は、まずは日々の食事・栄養に原因がある、という内容を学べます。
自分の心身が「だるい、重い、しんどい」と感じるのは、ひょっとして
タンパク質、鉄の不足、あるいは糖質過多の可能性が高いかも?と気づかせてくれる
おすすめの本です。

不安はあなただけじゃないよ

 

 

おすすめの記事